JWSA & WX5 workbook > 音づくり実験室

番外(JWSA用):EWI3000mでピッチエンベロープ

[戻る]
大脇裕一 [E-Mail] 2001/08/04(土) 12:02:30
どもども〜。(by the courtesy of よしめめ氏)

えっとですね、JWSA用の話題と言う事で書き込みます。

「あ、今度は息が抜けるんだぁ!!」と言って、喜びいさんで
EWI3000ゲットしたものの、プリセット1番を聞いて
「あ、ピッチエンベロープ掛かって無い・・・・・」
以後、EWV2000の音を再現しようと大格闘を続け破れ去って
しまった3000ユーザーの皆さん。

100%ではありませんが、方法はあります。(取説には載って
いません)


JWSA正式オープン時には公開しようと思いますが、「出鼻を挫いて
やろう!」とおっしゃる方、この次に是非書き込んで下さい。
(ひょっとすると、複数の方法があるかも知れないので・・・)
よろしくお願い致します。

よしめめ [E-Mail] [HomePage] 2002/03/11(月) 16:21:16
先日某所での案が却下されたところで、また考えつきました(理論だけ)。
(ちなみに前回大脇さんに言ったのはLFOがらみの案でした>知らない人)

SOURCE2のVCOをオッシレータ・シンクさせます?

VCO 1A,1B…普通に音色として使う
VCO 2A,2B…オッシレータ・シンクさせてピッチEGのためだけに使う

みたいに贅沢な使い方させて。

そっから先は色々(VCF/VCA EGやらBREATH BALANCEやら)やってみたんだけど駄目だった・・・。
シンクロ使う位しかあと音程が動くの思いつかない・・・。(^_^;

3時の大王 2002/03/13(水) 10:22:40
残念でした。”OSC SYNC”に目を付けられたのは流石ですが、そこだけでは出来ません。でも、とぉても重要なポイントです。もう少しですね。頑張って下さい。
あくまで”PITCH EG”ですので、EGをどう使うか?をお試し下さい。
「なぁんだ!これで良いんだ!」位に意外な処で見つかる筈です。

ちなみに3000mで太いリード音を鳴らしたい場合、4VCOを平均的なバランスで鳴らすのではなく、LINE1,2ともにオシレータのA−B BALANCEを100−0(0−100)に近いバランスにしてあげると(つまり結果として2VCOに近いバランス)かなり良くなる筈です。私の所有物は初期バージョンなので、その為かも知れませんが。
4VCO全てを同時に平均的に鳴らすも良し、2VCO+”モジュレーションソース用”専用VCO×2とするも良し、3000mのポテンシャルを引き出してあげるコツの一つです。
(この考え方、実は大きいヒントです>よしめめさん)

追加発言
■ お名前(ペンネーム可。短めに。)
  
■ メールアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ ホームページアドレス(省略可、半角で入力)
  
■ 発言(エラー時再送信禁止)
  ←解決時は質問者本人がここをチェックしてください。
  
  

WwwLounge Ver2.16
JWSA & WX5 workbook